アンケート
  1. 無料アクセス解析
GARAGE猫足 2008年10月


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ネコカップの動画ですよ~
その1


その2


その3


その4


その5


その6


その7
スポンサーサイト

テーマ:サーキット走行 - ジャンル:車・バイク

【2008/10/03 02:55】 | レース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
猫足レーシングサービス
 サーキット走行において、サポートしてくれる人がいるとこれほど心強いことはありません。ということで、考えられるサービス内容を並べてみました。

・搬送車の場合の積み下ろし
・荷物降ろし&積み込み(帰りに手伝ってもらえるとありがたいですね)
・タイヤ交換

・走行前軽準備
   サーキット受付、ゼッケン、トランポ、灯火類テーピング、
   持ってたらウルトララップ、車載カメラ、無線

・走行前重準備
   EGオイル、水、ウォッシャー、ブレーキオイル、
   ブレーキパッド残量、灯火類、エア圧冷間チェック&記録、
   車高+ダンパーセッティングチェック&調整、
   アライメントチェック、エアロパーツチェック&調整、暖機運転

・走行中サポート
   コース状況の変化の報告→クラッシュや障害物、天候の変化
   同時にコースインしている車両の状況→極端に速い遅い車両等
   外からの車両状況→エアロ、マフラー、計測器のガタつき、
   極端な車高やアライメントの変化、音(EG、排気音、スキール
   音)の変化
   タイム記録

・走行途中ピットイン時サポート
   温感エア圧調整&記録
    (直ちに行わないとタイヤが冷める)
   ドライバーに車両状態の確認
    (直ちに行わないとドライバーが忘れる)
   ドライバーから走行状況を聞き取り後で復習できるよう記録
    (直ちに行わないとドライバーが忘れる)   
   計器による車両状態の確認(水温、油温、その他表示できるもの)
   積んでいる計器類のチェック
    (ウルトララップ、車載カメラ(記録残量、バッテリー)、
     ロガー類、無線)
   車両状態の確認
    (タイヤ、ホイールナットトルクチェック、EGオイル、水、
     ウォッシャー液、ブレーキオイル、パワステオイル、車高、
     アライメント、エアロパーツ類、)
   窓&ミラー拭き(特にレコードラインの視野)
   セッティング変更
   コース攻略情報サポート

・休憩サポート
   食事、飲み物、椅子、出来たら日よけテント、
   グローブ含み予備の着替え、

カメラマン(後から見ることができると大変うれしい)

 走行サポートの経験上、最も役に立つのはドライバー主観の走行状況の記録でしょう。どういう時に速いタイムが出たのかを記録しておくと「どうなると速いのか?」のヒントになります。
 また、外部状況を記録しておけば、車両とタイヤの消耗や外部要因の影響を推測することができます。

 一人でサーキットに行くとこれだけの作業を行わなければならず、サーキット滞在時間のうち実際に走る時間が減ってしまいます。


出来そうなスペシャルサービス

 PCを持ちこみ車載画像をピットインしたときに再生、すぐにドライビングの検討ができる(大サイズPC画面、動画もデジタルカメラが望ましい)。 複数の映像を重ねてブレーキタイミングやライン形状の比較を行う。PCにつながるドライビングロガーがあればなお良し。

テーマ:サーキット走行 - ジャンル:車・バイク

【2008/10/06 20:46】 | レース | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
猫ブッシュ(仮)試着
 ガレージ猫足秘密基地にてロードスターのブッシュ交換をやってみました。とはいえ、今回はフルブッシュ交換作業の見当を付けるための作業です。

Image259.jpg
左から、猫ブッシュ用スリーブ、猫ブッシュ、抜き出した純正ブッシュ

Image260.jpg
左から純正ブッシュ、猫ブッシュ、猫ブッシュ用スリーブ

 今回やった内容は、右側アッパーアームのブッシュ交換をしました。NA/NBロードスターはブッシュ交換が楽な形状になっていて、ブッシュ外側に鉄環がついていません。なので、ブッシュ内側の鉄スリーブを何かで押し出してやれば、ゴムがちぎれるかもしれませんが、純正ブッシュを抜くことができます。そこで、実際にどのくらいの力で純正ブッシュが抜けるのか?交換する猫ブッシュ(仮)はどのくらいの力で押し込めるのか?ラクチンな方法はどんなだろうか?を試してみました

 まず、ブッシュ抜き出し。内径よりチョット細いソケットをパンタジャッキで圧入して抜こうとしましたが、これは失敗。上手く真っ直ぐに入りませんでした。次に、2枚爪プーラーにて挑戦。なんとか成功しましたが、プーラーがヘボで締めこんでいくとだんだん歪んで斜めになってしまいました。

 ブッシュの圧入は猫ブッシュ(仮)は純正ブッシュと違い、ブッシュとスリーブが別体となっており、圧入前スポスポ入るようなクリアランスでした。そこで、2つまとめて万力で入れようとしましたが、さすがにきつく真っ直ぐ入れにくいという判断を下しました。仕方ないので、シリコンスプレーを吹いた上でまずブッシュだけ万力で押し込み、その後でスリーブを万力で押し込んで完成しました。

 これで、作業の見当はついたので足回りを組みなおして今回は終了としました。おまけでFタワーバーもつけてみましたが、帰り道での実感はありませんでした。気持ち程度クイックになったような気がしますがプラシーボ効果かも?


 ということで、今回の結論


・素直にプレスにかけるほうが良い。10倍くらい速い
・ブッシュの抜き差しにかける力はかなり大きい。アームを曲げる方向にその力をかけたら確実にアームを曲げてしまうので作業のときは注意が必要

テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

【2008/10/22 12:38】 | チューニング | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。