アンケート
  1. 無料アクセス解析
GARAGE猫足 レギュラーとハイオクと軽油


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
レギュラーとハイオクと軽油
 最近値段が上がってきた燃料ですが、そもそも値段がなぜ不安定なのか?時勢だけでなく販売会社や地域によって違うのはなぜなのかを考えてみようと思います。
 まず、燃料にも化学合成とそうでないものがあることについて説明します。原油を蒸留すると、比重ごとに分離しそれぞれガソリンや軽油になります。これはオイルでいうところの鉱物油100%状態といえます。成分が多種混じっていて、全体としてはガソリンというような成分です。これに対し化学合成のガソリンというのは、蒸留で残った重油などを高圧高温下で触媒を使って反応させ、その長い分子を短く均質な長さに断ち切り、均質なガソリンへと変化させるのものです。この化学合成ガソリンは、合成時にその質のコントロールが容易であり、オクタン価を高めた状態や、添加物を入れるのに都合の良い成分とすることが用意です。この化学合成ガソリンと鉱物ガソリンを混ぜ、添加物(清浄成分、オクタン価向上剤等)を足したものがいわゆるハイオクです。また、LPガスなどのガソリンより軽い成分を合成して作られるガソリンもあり、主として航空機用のガソリンとされています。そして、この添加物や化学合成ガソリンの割合が少ないものが、レギュラーです。軽油は、蒸留時点でガソリンと分けられて造られます。ほかにも化学合成のように造られるものあり、ガソリンと同じくレギュラーとハイオクのように、プレミアム軽油というもんがあります。このように燃料となるまでに手がかかるほど値段が上がってしまうのは当然といえ、ハイオクやプレミアム軽油が高い理由がお分かりいただけると思います。
【2007/05/07 22:30】 | ドラテク | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<吉野家で白老 | ホーム | ビンボーと○○放題の罠>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://garagenekoashi.blog88.fc2.com/tb.php/30-57b401ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。