アンケート
  1. 無料アクセス解析
GARAGE猫足 足回り交換 猫足インテグラ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
足回り交換 猫足インテグラ
 今までサーキット練習車として頑張ってくれた猫足白インテグラ号ですが、今回代替として同型車が手に入りました。2代目となる猫足赤インテグラへの足回りの移植を整備演習がてらやってきました。

 07220001.jpg

07220002.jpg


 このような状態で作業を始めました。まず、リア側からですがこのDA6型のリア側の足はボルト6本とスタビリンクのボルト1本の計7本でボディに取り付けられているので、これらとダンパー+バネを外していきます。白インテグラにはEG用の車高調がついているのでダンパーユニットの自由長が短くすんなりと外れるのですが、問題は赤インテのノーマル(?)ダンパーユニットです。異様に全長、特にスプリングが長く、うかつにロアアームとの接続を切るとアーム類のリバウンド側リミットよりも下に伸びてしまい人力での収拾がつかなくなります。 ('A`)マンドクセ

証拠写真だ
上 DA6ノーマル
下 EG6車高調

07220005.jpg


 たばこ一箱分長いです。あげく人力じゃ縮みません。こいつらのせいでエライ時間がかかりました。

 取り外された足回りはこんな感じです。

07220003.jpg


 構成としてはアッパーアームがIアーム1本で水平よりも下向き、下側はL型アーム+トゥコントロール用横向きIアーム1本という構成です。これらの交換で注意すべき点はアームの軸穴の位置合わせが大変だということです。すべての軸穴にはボルトを通さねばならず、そのためには最低1本の鉄のアームの位置を合わさねばなりません。ということはそのために手が1本必要となり、もう一本の手だけでボルトを締めねばなりません。軸穴によってはゴムのブッシュが入っており、これを捻るにも力が必要です。さらには軸穴があっているかどうかを確認できる位置と力の入る位置が違うということもよくあることです。

 もし、同じような作業をやるならば、悪いことはいいませんから
「工具は2セット、人間は2人用意しろ」
 作業が終わるころには日も落ち、あたりは昆虫、特に甲虫と蛾のパーティ会場となっていました。

証拠写真だッ (´;ω;`)
07220006.jpg


 上の写真のプチモスラやそのほかの蛾の類が窓ガラスにべったり張り付いていて標本箱状態に。クワガタの雄がロアアームについていたり、作業が終わって休憩中にスレート屋根のあたりから「ズジャーーーーー ゴトッッ」と衝撃音がしたり(おそらくクワガタが傾斜した屋根部分に着陸失敗し、滑り落ちて雨どいに入った音)と、夜の不思議ランド体験でした。

テーマ:修理 - ジャンル:車・バイク

【2007/07/23 20:24】 | チューニング | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<○千万円とミリメートル | ホーム | 5/16 カートの修理&試乗会 in SCL>>
コメント
お疲れです~(笑)

今日は運転席側だけ交換しました~
明日は助手席側の交換やっておきますね~(笑)

ちなみに1人で4時間かかりました…
【2007/07/24 02:08】 URL | 白老主 #yjwl.vYI[ 編集] | page top↑
がんばれ
あとは フロントだ
【2007/07/23 21:48】 URL | ねこおう #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://garagenekoashi.blog88.fc2.com/tb.php/39-15d01964
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。