アンケート
  1. 無料アクセス解析
GARAGE猫足 ボディ補強に役立つ形


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ボディ補強に役立つ形
 白老主さまとボディ補強について話をしているときに、丸棒と丸パイプと角パイプとアングル材が候補にあがりました。こいつらを車に溶接するとして、どれが一番効くだろうかという話です。

 数字上の話になりますが、こいつらを同じ長さと重さになるように切った場合、理論上一番強いのはとにかく径の大きい丸パイプになります。ただし、調子にのって薄肉のものを使うと表面がペコペコになり裂けるようになりますが・・・そんなサイズ使わないし溶接しないでしょう。例として40Φの丸棒と同じ剛性を得たければ、48Φで肉厚10㎜以上でよいことになり、径が大きくなれば肉厚を薄くできます。また、重量からいけば半分くらいになります。次に角パイプですが、重量あたりで比べると丸パイプより弱いです。ただし、剛性に方向性があるため、しなって逃がすようなところにはいいのかもしれません。さらに寸法的に丸パイプだと無駄な隙間が多くなるなどの場合、角パイプの形を工夫したものを使うときもあるといえます。
アングル材については、角パイプを切り放したものと思ってもらえればいいです。角パイプより弱いわけです。

 実際の補強の例として加減速とコーナリングに伴うボディの反りやねじれをなくしたい=足回りの取り付け点の角度、距離がボディの歪みでズレる現象をなくしたい。とします。
 このためには、足回りのアーム類の取り付け位置同士の位置、角度関係が一定に収まるようにすればよいのですから、極論をいえば取り付け穴同士全て(1厘あたり数本のアーム類の端同士を4輪の間全て)をバーやステーのようなものでつなぎ合わせればよいわけです。
 現実にはこれは不可能であり、実車において足回りは「足回り~メンバー~ボディ」という段階を経て取り付けられています。この状態で、ボディが歪んでいるということは、それだけの力がこれらの接続部を通っているということになります。ここまで来れば、力はその接続部から来るのだから、ボディとメンバーの接続部同士の間を補強してやればボディ自体にかかる力をその補強で受けることでボディの歪みを減らすことができるわけです。
hokyou.png

 また、金属棒は基本的に「圧縮→伸び→ねじり→曲げ」の順で強いので図内の「理論上の補強」は圧縮方向で力を受けるために室内を通っています。しかし、現実には床下を通して伸び方向で力を受けることになるでしょう。

以下妄想:ラジコンみたいにバスタブ構造とかツインデッキっていいのかもしれない・・・(゚∀゚)
 ボディの変形抑制について考えているときにこんなネタが・・・

中国奇端自動車「アミュレット」http://www.youtube.com/watch?v=f7rrk3ZjN-I
トヨタレクサス 「GS200」http://jp.youtube.com/watch?v=KxGr38YSIn4&NR=1

番外編 スマート(時速110km相当) http://jp.youtube.com/watch?v=QbBo1UPbloI

 アミュレットは強度偽装でもしているのでしょうか?
ていうかスマートスゲぇ (゚д゚)ポカーン
というのはともかく「キャビンが潰れるのはまずいよね」というのはモータースポーツでも同じです。そのためJAF戦は当然としても、あるていどマジメな草レースではロールケージの装着が義務付けられたり、参加費のキャッシュバックがあったりします。私も以前サーキットのポストで旗振りをしているときに横転したりがけに突っ込んだ車を何台か見ています。それらに共通して言えるのが、ロールバーが入ると確かに潰れにくく、何かあっても死にはしない車にはなりますので、腕に覚えがない方、スピンやコースオフの多い方ほどロールケージの装着オススメです。
 
 ただし、今までのクラッシュした車を見てきた経験やテスト映像から見た印象としては

  フォーミュラ系>>ロールケージ入り高年式車(軽除く)>ロールケージの無い普通車 例 GS200>ロールケージ入り低年式普通車>ロールケージなし低年式普通車>スマート>ロールケージ入り軽>ロールケージ無し軽>>アミュレット

 というならびになります。一般道走るなら高年式のセダン以上の車格が強くて死にづらくオススメです。
【2007/08/07 20:13】 | チューニング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<燃費の単位 人数とお金 | ホーム | 札幌陸運支局の噂>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://garagenekoashi.blog88.fc2.com/tb.php/43-1a6c8d62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。