アンケート
  1. 無料アクセス解析
GARAGE猫足 トラックで商売できるかも?


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
トラックで商売できるかも?
 自動車用エンジンでターボチャージャー(以下ターボ)付きのものは一般的に高出力志向だと思う方が多いと思います。また、他の形式は?と聞かれるとスーパーチャージャー(以下スーチャ)、マニアの方ならば電気ターボやPWSなどを挙げられるでしょう。
 ではそもそも、過給機をつける意味はなんなのでしょう。車両+エンジン本体の組み合わせが決まっている状態で過給機を追加すると、出力の向上が望むことが出来ます。また、必要な出力が決まっている場合には、過給機を使うとそうでない場合に比べ小型なエンジン本体を使うことが出来、エンジンシステム全体での軽量化や小スペース化を望むことが出来ます。さらに、全開出力を出しているときの燃費がよくなるということも挙げられます。つまり、適切な過給機付きの場合には、その種類には関係なく車両のエンジンの重量辺りの出力や容積辺りの出力を向上を望むことが出来るわけです。
 理屈の上では、1Lのエンジンに過給圧を1kgf/cm^2をかけることで2L並みの出力を得ることが出来、エンジンルームを小型化できるはずです。しかし、現行の新車には過給機付きのモデルは数えるほどしかないのが現実です。この理由としては、過給機システムの価格が高く、下手をするとワンランク上の車との価格差(10万円~)に匹敵し、それならばひとつ上の車格のモデルを買うことを消費者が選択する場合が多いためです。また、市販車として必要な冗長性や耐久性の観点から、過給機付きのエンジンは空燃比が低い(=濃い)セッティングがなされており、その状態であまり出力を必要としない載り方(街乗り等)をした場合の燃費が悪化する傾向にあるという事実があります。このような長所と欠点を現実の車両使用形態とあわせて考えると、低出力時に燃費が良く、コストが安いものが消費者には好まれるため、過給機の出番が少なくなるということになります。以上の理由から過給機付きのエンジンが適する条件は以下のようになります。全開出力で走る時間が多く、初期コストの高さよりも性能のコストパフォーマンスを要求する。これが何かといいますと、トラック等の貨物運搬車です。
 というわけで、トラックに対して、小排気量+高過給圧=低燃費の組み合わせのエンジンユニットの換装を旧いトラックが多い地域で行うという商売ができるんではないでしょうか。

テーマ:SUPER CHARGER - ジャンル:車・バイク

【2007/02/14 02:34】 | 自動車技術 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<サーキット走行のススメ | ホーム | で、安全なガス給湯器はどこ製?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://garagenekoashi.blog88.fc2.com/tb.php/9-80617894
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。